錦帯橋-_edited.jpg

錦帯橋  

2018 / 1 / 29

岩国の現場が近かったので、夏に冬、

雨の日も晴れの日も錦帯橋を眺めることになった。

景色が気に入って、宿も近くにとった。

 

 

川の流れ、雨の流れ、人の流れ。

軽く長く、水に弱い木。

重く丸く、水に強い石。

 

一見、かなりユーモラスな橋だけど、

よく見ると形の中に

全ての折り合いが緩みなく記されている。

あらゆる部分が、

同じ目的に向かってひたむきに手を取り合って、

こんなに真摯な印象のする人工物はなかなかない。

 

一個人の知恵では及びがたいその精度を見ていると、

身震いがした。

その陰には、橋を幾度も流され、

工夫を重ねてきた人々の苦悩があるのだろう。

 

この橋がいま自分の胸を打っているように、

自分の仕事も善かれ悪しかれ先の誰かに伝わるだろう。

自分もまた、同じ歴史と大地の上で仕事をしている。

それは鼓舞であると同時に、重圧でもあった。

 

けれど現場が終わってみると、なんとなく錦帯橋に

「お世話になった」ような気持ちになって、

どこかでお礼を言いたい気がした。

 

 

今日も悠々と流れる錦川の上で

遠方からのお客さんを迎えているだろう。