長い手紙  

2019 / 8 / 27

長野のモデルハウスが完成した。

設計の仕事は、始まって建物が完成するまで、

その都度たくさんの人と情報を

「共有」することで進んでゆく。

 

けれど一方では、本当に建物が出来あがり、

新品のシャツに袖を通すように

身を置いたときのその「感じ」の中には、

設計者がその仕事の中で日々想像し、磨きをかけ、

完成の日まで一人で持っていく、

そういう部分がどうしてもあるように思う。

 

 

むしろ設計者自身にとっても、それを正しく

高い精度で想像することは細心の注意と努力を

要することで、決して容易な作業ではない。

 

そうやって建物が完成し、使い手となる人々に

喜びをもって受け入れられたとき、

ふっと「長い手紙が届いた」という気持ちになる。

一人夜なべをして、コツコツ書いた長い長い手紙。

 

その喜びは、一瞬でそれまでの苦労を

吹き飛ばすだけでなく、その苦労までも

素晴らしいものにしてしまう。

 

辛抱強く打ち合わせにお付き合いいただき、

設計の意図を丁寧に汲み取って施工していただいた

フォレストコーポレーションの皆様に、

この場を借りて感謝申し上げます。

© Atsushi Kubo Architects