長野のモデルハウス 

2019, Nagano

長野県長野市、

県内各地で信州の気候風土に特化した家づくりを手がける

フォレストコーポレーション「工房信州の家」のモデルハウス。

同社の積み重ねたスタイルを引き継ぎながら、

より今日的な暮らしと感性に応えるプロトタイプを共同で模索した。

 

住宅展示場の中にあっても

自然豊かな環境に建つさまを想像してもらうため、

ささやかながら前庭をとって木立の奥に建物を配した。

 

内部は、薪ストーブのあるダイニング・キッチンを中心に、

庭に面した窓際は一段下がった土間のスペース。

来客を庭から招き入れたり、アウトドアの道具を持ち込んだり、

気候のよい季節には窓を開け放って、

屋外と一体となった使い方ができる。

 

反対に、奥まって一段上がったところがリビングになっている。

ここは信州唐松の仕切家具で守られ、

座ると表からは見えなくなるため、

人目を気にせずリラックスして過ごすことができる。

人が集まったときは、

賑わうダイニングから離れてほっと一息つけるコーナーとなる。

吹き抜けの上からは柔らかな光が注ぎ、

細く切った風抜きの格子窓から新鮮な空気が入る。

囲まれた安心感の中にも清々しさが損なわれないように腐心した。

DATA

主要用途

構造設計

構造規模

建築面積

延床面積

竣工年

: 展示用住宅

: 三野裕太

: 木造2階建

: 126.18㎡

: 193.78㎡

: 2019年4月

© Atsushi Kubo Architects